Meet Locals 〜地域と世界をつなぐ〜

地域との出会いを紹介します。

地域創世のモデル都市?!宮崎県日南市 油津商店街の魅力

SPONSORED LINK

シャッター商店街。どんな光景か、なんとなく想像できますよね。
しかし、どうでしょう。
そんな寂れていた「田舎町」に、IT企業のお洒落なオフィスが並び、東京で見るようなカフェが開業し、全国から親子が集う育児施設ができる光景。


なんと、これを実現させた自治体があるんです!
宮崎県は日南市。
2013年に崎田市長が就任されてから4年間で町は再生の軌道へ乗ることができました。
前回の市長訪問の記事に続き、今回は「地方創生のモデル」日南市の魅力を紹介します!

 

油津商店街

少子高齢化や過疎化の波に逆らえず、一時はシャッター化していた油津商店街。

この状況をなんとかすべく、ここに20商店を招致するという任務で市は専門家を公募しました。

結果、4年間で増えたのはなんと29店舗。

商店街の姿は一転し、全国的に注目を集めるモデルへと変化しています!

 

・Aburatsu Coffee

f:id:meetlocalsa:20180205194553j:plain

商店街再生の第一号となったのがこちらのお店!

15年前に閉店した喫茶店を見事に甦らせ、どの世代も集まるコミュニティースペースを設置。

f:id:meetlocalsa:20180205195715j:plain

喫茶店の雰囲気も残しつつモダンな店内です。

 

・IT企業のオフィス

油津商店街のスゴいところ、その2。

東京にあるようなIT企業のオフィスが点在すること。

f:id:meetlocalsa:20180205211338j:plain

写真は商店街内のもの。

入口を入るとまずは共用スペースがあり、奥にオフィスという形。

共用スペースは高校生の勉強場所等にもなるんだとか。

 

助成金で誘致」でなく「起業家支援」の政策を取ったことが、どうも企業誘致成功の秘訣だったようです。

 

広島東洋カープの存在感

こちらの宮崎県日南市、実は広島がキャンプ地として使っている場所なんです。

こんなお店や

f:id:meetlocalsa:20180205211819j:plain

 

端が赤く塗られた「カープ一本道」

f:id:meetlocalsa:20180205211924j:plain

 

そしてこちらの真新しい駅舎

f:id:meetlocalsa:20180205212212j:plain

というコンテンツだらけの町。

まだまだありますよ、魅力!

 

子育て支援センター「ことこと」

こんな素敵な子供用スペースは見たことがない、というレベルの施設かと。

f:id:meetlocalsa:20180205212950j:plain

「木」へのこだわりが存分に生きていて、幼児連れの親なら絶対に行きたくなるでしょうね。

子育て施設もあることから、さらに移住しやすい、企業も来やすいという状況を作り出せています。

 

・バー&ホステル「fan! -ABURATSU-」

f:id:meetlocalsa:20180205213330j:plain

こちらも商店街内にあるゲストハウス。

バーと組み合わせることで、通った人も入れるお洒落な空間を提供しています。

残念ながら今回泊ることはできず。。

 

・こんな場所も!

f:id:meetlocalsa:20180205213733j:plain

商店街の空地を利用し、小型店舗をこんな風にして数件設置していたり、

 

商店街の一部を文字通り「横に切り開いて」できたテラス。

f:id:meetlocalsa:20180205213931j:plain

 

お豆腐屋さんなど。

f:id:meetlocalsa:20180205214217j:plain

 

これらの写真を見てもわかる通り、油津商店街はもはや「商店街」ではなくなっています。

地方創生の「モデル」として注目を集めるわけだ!と感じました。

宮崎県日南市。間違いなくThumbs Up!